飲食のプロが書く飲食店の事
10年以上も飲食店の経営、チェーン運営に携わり、多くの繁盛店を見てきた、作ってきた筆者が飲食店の楽しみ方、飲食店の紹介を気の向くままに書くブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレープフルーツはサラダにもぴったり!!
今日はレシピについて。

ネットサーフィンをしていると、
面白そうなコンテスト、
グレープフルーツレシピコンテスト
発見したので、興味をそそられ内容をみてみました。

一般からの応募により、フロリダ産グレープフルーツを使った、
たくさんのレシピがありました。

飲食店にて働いている私もとても参考になる、
おもしろいものがたくさんあったので、ぜひ参考に見て下さい。
サイトはこちら↓
http://citrus.cookpad.com/

特に私が気になったのは、
グレープフルーツのさっぱりサラダ。

■レシピは…
 グレープフルーツ 1個
 レタス 2~3枚
 水菜 1束
 グレープフルーツを剥いた時にあまった汁 大1
 塩  小1/4強
 日清べジフルーツオイル 大2
 こしょう(お好みで) 少々

材料も多くなく、とても簡単に栄養価が高く、
特に朝食にはうってつけ。

グレープフルーツ果汁もドレッシングに使うなど、
ちょっとした工夫が素晴らしい。

居酒屋などのお店をやっている方は、
サワーなどでグレープフルーツをふんだんに使用するので、
余ったときなどに簡単にでき、
お客さんも喜んでくれ、良いメニューとなるかもしれませんね。

しかも、なんとグレープフルーツは、
春が旬!!!!
らしいですよ!!

これは、私も知りませんでした…。

他にもフロリダ産グレープフルーツを使用した、
素晴らしい料理があるので、ぜひ参考に!!!


こちらは、一般の方が作った、
フロリダ産グレープフルーツのCM動画。
面白いので載せちゃいました!!


スポンサーサイト

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

沖縄料理居酒屋 「いちゃりば えん」
■沖縄料理居酒屋「いちゃりば えん」

 秋葉原のJR中央改札口を出てすぐに、
 「秋葉原トリム」という商業ビルの5階飲食フロアの一角にあり、
 やや暗めで、おしゃれな雰囲気を醸し出しています。

 料理は、一般的な居酒屋と比べると、
 メニュー数は少ないですが、
、それが却って「専門性」「こだわり」を演出しています。
 料理はすべて沖縄料理。

 「アンチエイジング」を掲げ、
 健康に良い食のチョイスをしている為だと思う。

 さて、頂いた料理はというと…、
 
○ゴーヤチャンプル 850円
いちゃりば_ゴーやチャンプル

 思った以上にボリュームがあり、結構驚き!!
 しかも、ゴーヤは「シャキシャキ」の歯ごたえがしっかりしており、
 量もしっかりと入っていました。
 普通の居酒屋とかにおいてあるそれとは、一味違います!!

○ドゥル天 850円
いちゃりば_ドゥル天

 こちらは、初めて知った沖縄料理。お芋の天ぷら。
 お芋は、「田芋」と呼ばれるもので、
 里芋に似た感じのものです。
 これを擦り、練って天ぷら風にあげたもの。
 食感は「ねもちっ」っていう感じ(「ねちっ」「もちっ」を合わせた感じ)。
 ウコン塩に付けて食べるのですが、またこの塩が最高。

○ラフティー丼 1080円
ラフティー丼1080円_いちゃりば_convert_20090304163524
 
 石の器で出てきます。
 石焼きビビンパのラフティーバージョン。
 別添えでくる、甘いたれをかけ、混ぜて食す。
 個人的には、もう少し甘さ抑えめが良かったかな。

○ソーキそば
 こちらは、写真を撮り忘れました(汗)。
 やっぱり、沖縄料理といったら、
 ゴーヤチャンプルに並ぶ人気商品。
 しっかり食べておかなくてはね!!
 もう少し、めんは固めがありがたい。


 全体的には、一品あたりのボリュームがそこそこあるので、
 調子に乗ってたくさん頼むと食べきれないかも。
 
 アンチエイジングというコンセプトも取り入れているため、
 メインターゲットとしては女性かな。

 ただ、そうならば、
 もう少し一品あたりのボリュームを減らして、
 たくさん品数を頼めるようにした方が、良いかと思ました。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

豚珍館
新宿の豚珍館。
とんかつ屋。

新宿中央郵便局そばの側道、小さな路地を入ったビルの2階にあります。
入口も小さく、気にしていないと通り過ぎてしまいます。


狭い店内には、座敷、テーブル、カウンターと席種があります。

入店したのは、13時位ですが、
まだ4人ほど並んでおり、店内は満席。

通されたのは、座敷の4名テーブルで相席。
お客さんは、9割9分男性客。
(そりゃ女性はいりづらいわ…)

頼んだものは、ロースかつ定食。
恐らく、6割くらいの人がこれをオーダーしてます。

内容は、
・とんかつ250g … かなりの肉厚で、さくさくの衣。
・千切りキャベツ大盛り
・ご飯 … 大盛りは茶碗に富士山ができてます(汗)。お替り自由。
・豚汁 … お替り自由
・おしんこ … 忙しくない時は「多め」の注文可。


ご飯のお替りを頼むときの注文方法が結構面白く、
3分の1とか、分数で注文できる。
常連さんの中には、5分の2微妙な注文をする人もいるらしい。
(一緒に行った友人の話)

また、面白い点は、
・めちゃくちゃ早い提供時間(きっと揚げ置きしてるはず)。
・男性のホールの定員さんの動き。(独特かつ、接客の鏡!?)
・ごはんの大盛り
このあたりに注目すれば、より一層楽しめると思います。

食終えて、帰る頃には、
階段下まで約10人ほどの列が出来上がってました。
ちょっと驚きです。時間は13時30分過ぎですから…。

こんなに強烈で楽しみ所満載なとんかつ屋さん、
ぜひ一度ご来店を!!!

ちなみに、味もいけてますよ!!

【店の地図】

大きな地図で見る

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

水道橋「玄丸」
肉そば玄丸。水道橋の駅そば。

そばの概念が変わる店。
かつおだしのしょうゆベースのそばつゆにつけて
食べるのが一般的なそば。

しかし、ここの肉そばは、
麺も太めでやや固め、
さらに付け汁は、一味がたっぷり入ってかなり辛く仕上げている。

これまでのそばの概念が多少変わる店。

ああ、こういう食べ方もあったのかと感じるはず。

実はここ、虎ノ門にある「そば処港屋」のインスパイア系。
(港屋に影響を受け、真似て作った店)

私は港屋もいったことがあるので、
すんなりとこの肉そばのテイストも受け入れることができた。

ただ、それを知らない人が入ると、
もしかしたら、「何これ?」と感じるかもしれない。
それくらい、「そば」というイメージを外してぜひ行って欲しい。

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

おすすめ「つけ麺」
大江戸線の両国駅から徒歩1、2分。

清澄通りと京葉道路の交差点から、
清澄通りを浅草方面に向かってすぐの左側に、
「ごんろく」という名のつけ麺屋がある。

店内は、ちょっとおしゃれな和風の造りに、
カウンターのみで約20席ほど。

この店は、昼時にもなると、
店内のウェイティングスペースから、
外まで約15人から20人ほどの行列ができる。

和風の付け汁に太麺。
汁は和風の魚介系のだし、
甘みと辛みのバランスが絶妙。

つけ麺は、麺と付汁のバランスが重要で、
麺が強すぎても、付け汁が強すぎてもだめ。
この「ごんろく」はまさに奇跡的なバランス。

特に、辛味つけ麺がお勧め。

価格は720円で、並、中盛、大盛りどれも同一価格。
財布にもやさしく、まさに庶民の味方です。

確証は取れてませんが、
「やすべえ」というつけ麺屋からのスピンアウトではないかと思います。
店の作りも、メニューも何もかもそっくりですから。

近くにお立ちよりの際にはぜひどうぞ。

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。